当院の不妊症について

当院の不妊症について簡単に。

 鍼灸治療で、効果が期待出来るものは、機能的なものです、卵管閉塞、巨大子宮筋腫などは、西洋医学の分野になります。

それで、問診にて、先ずは、医師の診察の有無、診断結果、現在の状態、スケジュールなどをお伺いしてから、治療が有効かどうか

見極めてから始まります。

 ほとんどの方が、不妊症専門の病院に受診されてから、来院されますが、中には、一旦休止されている方、専門の産婦人科ではない所に行かれている方もおり、諸事情をお伺いし、ご相談に乗らせて頂いています。

 鍼灸治療をすることにより、子宮内部の血流が改善され、ホルモンバランスを整えたり、卵胞の発育促進、子宮内膜などにも良い影響を与え、妊娠し易い環境を整えることが期待出来ます。

 以下、簡単に治療の流れを。
横向き

1、横向きになって頂き、子宮左屈か?右屈か? 触診し、必要あれば矯正

あお向け

 1、内臓整体。 五つの括約筋を緩める。 オディ括約筋、回盲弁、DJ連結部、噴門、幽門、トレイツ靭帯
 2、次に肝臓、膵臓、子宮、卵巣、膵臓、腎臓の内臓整体
 3、お腹に鍼(刺さない鍼)希望あれば刺す鍼
 4、シール鍼を張る
 5、至陰穴に棒灸
 6、お腹に桂子餅灸
 7、お腹にホットストーン
 8、卵巣反射点にアプローチ
 9、後頭下筋
 10、軽く頭蓋骨、もしくは、頭の縫合に沿ってほぐす

うつ伏せ
 1、陰部神経鍼通電(患者さんの許可、希望により)
 2、中極穴刺鍼(人口受精、体外受精が決まっている方)
 3、シール鍼
 4、背中と腰に桂子餅灸

 流れとしては、このような感じです。 これによもぎ蒸しをお勧めしています。

 日立で、不妊治療に取り組む縁心山鍼灸治療院のページになります。

 http://enshinzan.com/トップページ/

Follow me!